家庭菜園でおやつを作ろう!
とうもろこしの栽培について   種蒔き(苗作り)   土づくりとマルチング   苗の植え付け   二回目の間引き   開花と害虫退治   収穫(失敗)   種蒔き(苗作り)   土づくりとマルチング   苗の植え付け  

2012年5月19日

種の購入とポットへの種蒔き

昨年は害虫と台風の影響で壊滅してしまったとうもろこしですが、めげずに今年もチャレンジです。

種は近所のホームセンターで購入しました。購入価格は値引き後で\375です。ケチな私が昨年の\140よりもかなり頑張りました。

特に根拠はないのですが、精神的に、失敗した昨年のものとは品種を変えたかったので、バイカラー種からオーソドックスな黄色腫へと変更です。原産地はUSAで昨年と変わりませんが。

表パッケージに「スイートコーン」の記述がありませんでしたから、種の袋を見た娘が、「えー、スイートコーンがよかったのに...。」と残念そうに言っていました。

もちろんこれはバンタム種ですからスイートコーンです(裏にはちゃんと書いてあります)。というか、今時売っているのはほとんどスイートコーンですね。がっかりしなくて良いよ!。

とうもろこしの種です
とうもろこしの種です

種まきから86日で収穫の中早生種ですが、ポリマルチで少し収穫が早まりますので、今播けばお盆休み頃の収穫となります。

蒔き方はは昨年と同様ポット蒔きとしますが、昨年は室内での育苗期間が長すぎて徒長してしまいましたので、やや日当たりの少ない屋外で育苗することにします。上空からは解りにくい"犬走り"で育苗しますので、鳥に狙われる心配はないでしょう。

今回は畑のスペースが広いので30株程度は植えられそうです。しかし一度に収穫を迎えてしまうのも困るので、15株づつ二回に分けて植え付けをします。

このとうもろこしは発芽率が80%と優秀ですが、昨年と同様のパターンで種蒔きをします。

直径8センチメートルの苗ポット18個にそれぞれ培養土を8割程度入れ、種を三つずつ撒きます。

とうもろこしの種蒔き
とうもろこしの種蒔き

種を撒いたら薄く土を被せ、たっぷり水をあげて種蒔き終了です。

種蒔き完了
種蒔き完了

植え付けまで2〜3週間ありますから、育苗の間に土づくりをしておきます。

2011年6月3日

苗の準備完了

鳥に狙われることもなく、植え付け可能な程度にまで苗が成長しました。

とうもろこしの苗
とうもろこしの苗

袋に記載された発芽率は眉唾だったようです。実際の発芽率を計算したら70%くらいでした。

昨年はポット上で結構長く栽培したので、畑に定植後に徒長で倒れてしまいましたので、今年はやや小さめの苗を準備しておいた畑に植え付けます。

またこの日、二回目の植え付け用の苗を同様に30個、種まきを行いました。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
家庭菜園の書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。