家庭菜園でおやつを作ろう!
そらまめの栽培について   種蒔き(苗作り)   土づくりと定植   整枝と開花   摘芯と防風対策   収穫  

2012年4月29日

摘芯と防風対策

誇張ではなく、毎日数センチのスピートでぐんぐん成長しています。

成長すること自体は悪いことではないのですが、成長することばかりにエネルギーを使われると実の成長に使われるエネルギーが減ってしまいますから、ここは人間のわがままで摘芯をして成長を止め、実の充実をはかることにします(ゴメンネ)。

背丈は現在120センチメートルほど。ちょうど花も終わりました。

摘芯といっても、枝の先端の芽をちょきちょきハサミで切っていく作業です。

そらまめの新芽にはアブラムシが付きやすいようで、結構はびこっていたのですがこれも一緒に駆除できます。

農薬を使わないで済むので一石二鳥ですね。

摘芯後のそらまめ
摘芯後のそらまめ

ところで、そらまめを植えている南側ゾーン( 【菜園のプロフィール】 を参照)は風の通り道になっているので、防風対策を怠ると悲惨なことになります。

背が高く、根元の株からたくさんの枝が生えるそらまめのような作物は支柱で一本一本固定することができないので、防風対策にはそれなりに工夫が必要となります。

菜園の向こう側(南側)はメッシュのフェンスで覆われているので、手前に等間隔に太い支柱を立てて、麻ひもを使って全体を囲います。

そらまめの防風対策その1
そらまめの防風対策その1

更に竹製の細い支柱を利用して、そらまめの株ごとに格子状に区切りを作ります。

そらまめの防風対策その2
そらまめの防風対策その2

さて、そらまめのこれで手入れはほぼ終了です。肝心の豆はというと、こんな感じです。

順調に生育中
順調に生育中

いまのところ目立った害虫や病気の被害もなく、順調ですね。

株間に少しだけ肥料を施しました。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
家庭菜園の書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。