家庭菜園でおやつを作ろう!
いちごの栽培について   親株の定植   ランナーから株分け   子株の定植   受粉と結実   収穫  

2012年3月15日

開花しました

長い冬がようやく終わりました。

まだ時折寒い日がありますが、もう「狂い咲き」ではない花が付き始めています。

とはいえ、葉っぱはまだ冬越しした濃い緑色の堅いものばかりです。いちごにとってはまだ「春」ではないのかもしれません。

株の中心には新芽が見えますが、これが芽吹いてからが成長の本番ということになるのでしょうか。収穫まではまだ二カ月くらいあります。

冬の間はあまり手のかからないいちごですが、ここからが美味しいいちごを作るための「手間」をかける時期になってきます。

冬越ししたいちご
冬越ししたいちご

プランターの中に生えた雑草を抜き、枯れたいちごの葉っぱを取り除き、株間に肥料を施します。

この時期からは水切れに注意ですね。

2012年4月14日

整枝と摘果

ここ二週間でぐんぐん成長しました。

ずいぶんにぎやかになってきました
ずいぶんにぎやかになってきました

最初に花がついてから一カ月ほど経ちますが、まだ実を付ける気配はありません。

いちごの花
いちごの花

いちごは虫媒花なので、ミツバチなどの昆虫がいないと受粉できませんが、今年は去年と同様、今のところミツバチは少ないようです。

仕方がないので、結実しなかった古い花を取り除き、絵筆を使って開花中の花の中をなでて人工授粉をしました。

また、この時期でもランナーはたくさん生えてきます。

時期外れの「ランナー」
時期外れの「ランナー」

今の時期はこのランナーは不要なので、枯れた葉っぱと一緒に見つけ次第摘んでしまうことにします。

いちごって手間がかかりますね。

2012年4月29日

結実

ゴールデンウィークに突入しました。

子供たち(特に下の女の子)からは、「まだ食べられんとー」と方言丸出しでプレッシャーをかけらているいちごです。

株も葉っぱもとても大きくなって、小さく縮こまっていた越冬の頃はもう想像できません。

こんなに立派になりました
こんなに立派になりました

ふとみると、小さないちごの実がついています。

いちごの実
いちごの実

実が充実するようにここで株間に追肥します。

大きくなって赤くなれば収穫です。カラスに狙われませんように(祈)。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
家庭菜園の書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。